2012年02月19日

ゴミ箱に捨てたファイルの復元



シェルインターフェースを使用してゴミ箱に捨てたファイルに対して、コンテキストメニューのコマンド内容(以下の4つ)を実現する方法を解説します。


  1. ”undelete”(ファイルの復元)
  2. ”cut”(ファイルの切り取り)
  3. ”delete”(ファイルの削除)
  4. ”properties”(ファイルプロパティの表示)



続きを読む


posted by ひろし at 18:06| Comment(0) | シェルインターフェース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。