2011年11月02日

LAME ACMのインストール



ウィンドウズXPで標準で入っているMP3エンコード/デコードのためのACMコーデックは、Fraunhofer Institut Integrierte Schaltungen IIS社Fraunhofer IIS MPEG Layer-3 Codecですが、エンコードする場合のビットレートが最高でも56kbps、サンプルレートが24000Hzと低品質で音楽メディアとして、ハイレベルな鑑賞に堪え得るものではありません。
そこで今回はlame-3.98.4.tar.gzをネットからダウンロードして、ACMドライバを作成するまでの過程を解説します。



まずはsourceforge.netからlame-3.98.4.tar.gzをダウンロードします。



lame-3.98.4.tar.gzをクリックすると、ダウンロードが始まります。
次にダウンロードしたlame-3.98.4.tar.gzファイルを所定のフォルダー内にWinRAR等を使って解凍すると、lame-3.98.4と言う名のフォルダーが展開されます。



lame-3.98.4フォルダーを開いて、lame_vc6.dswMicrosoft Visual Studio .NET2003で起動します。



VC6プロジェクトからVC7ソリューションへコンバートするか確認してくるので、「Yes To All」ボタンを押して、VC7ソリューションを作成します。



標準ではACMプロジェクトがないので、ACMフォルダーのlameACM_vc7.vcprojをソリューションに追加します。続いてACMフォルダー内のADbgフォルダーにある、ADbg_vc7.vcprojtinyxmlフォルダーにあるtinyxml_vc7.vcprojもソリューションに追加します。



メニューから「ビルド」→「構成マネージャ」で「構成マネージャ」ダイヤログを開いて、「アクティブ ソリューション構成」のドロップダウンリストでReleaseを選択します。



「プロジェクトのコンテキスト」で、lame_projectsMP3xプロジェクトの「ビルド」チェックを外し、「閉じる」ボタンを押します。

ソリューションエクスプローラでlameACMプロジェクトの「プロパティページ」を開き、左側のツリーボックスから「構成プロパティ」→「C/C++」→「全般」項目を選択し、インクルードディレクトリの追加の欄にDDKフォルダーを追加します。



同じく「構成プロパティ」→「C/C++」→「コマンドライン」で追加オプションの欄に/D ENABLE_DECODINGと記入し、「適用する」ボタンを押します。



lameACMプロジェクト内のDecoderStream.hの42行目をコメントアウトし、その下に以下の2行を追加します。

//struct lame_global_flags; ←コメントアウト。
#include "interface.h" ←追加します。
typedef struct lame_global_struct lame_global_flags;←追加します。



libmp3lameプロジェクト内のid3tag.cの1171行目のstrdup関数コメントアウトして、その直ぐ後に_strdup関数を追加します。

if (id3tag_set_textinfo_latin1(gfp, fieldvalue, &fieldvalue[5])) {
p = (char **) realloc(gfc->tag_spec.values,
sizeof(char *) * (gfc->tag_spec.num_values + 1));
if (!p) {
return -1;
}
gfc->tag_spec.values = (char **) p;
gfc->tag_spec.values[gfc->tag_spec.num_values++] = /*strdup*/_strdup(fieldvalue); ←修正します。
}



再びソリューションエクスプローラでlameACMプロジェクトの「プロジェクト依存関係」ダイヤログを開き、ADbglibmp3lamempglibtinyxmlの各プロジェクトにチェックを入れます。



最後にビルドしてみて、エラーが出なければ成功です。



lame-3.98.4フォルダーにあるoutputフォルダー内に、lameACM.acmというファイルが作成されているか確認してください。



outputフォルダー内のLameACM.infを右クリックして、コンテキストメニューから「インストール」を選択すると、以下のレジストリーに登録されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32



<<ID3タグの書き込み 第3部ページの先頭MP3ファイルの書き込み 第1部>>





posted by ひろし at 11:57| Comment(0) | MP3ファイルフォーマット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。